板タブデビューしました

以前ブログ記事にしたようにデジタルの作業環境の見直しの一環として板タブを購入しました!
価格的な意味でも液タブ→iPad→板タブという経緯をたどるのはなかなか珍しいかもしれませんが、問題だった作業中の姿勢が改善されたので結果とても満足しています。

板タブの希望条件

自分がイメージする環境によって適切な機種は変わってきますが、私自身の希望条件を参考に記載します。

  • サイズ
    一般的にMサイズといわれるA4くらいのもの
  • 筆圧感知
    そこまで重視せず、最低レベルでなければいい
    (正直体感ではあまり違いがわかっていない。傾きや読み取り速度のほうが重要であると思っている)
  • ボタン機能等
    ボタンやスライダーは最低限でいい
    (液タブの時にそこまで使わなかった経緯があり、キーボードのショートカットキーをメインに使っているため)
  • その他機能
    最近Bluetooth対応のものがあるようです。
    配線周りがすっきりするのはとても魅了苦的ですが、ペンの読み取りが遅延したり、安定していないようなレビューが多かったので今回は対象外としました

検討した板タブの機種

探してみると多機能なものはたくさんあるのですが、意外とシンプルなものは少なくて選択肢が少ない印象を受けました。

  • ワコム ペンタブ One by Wacom
Amazon | ワコム ペンタブ One by Wacom Medium Chromebook 対応 ペン入力専用モデル Mサイズ 板タブ CTL-672/K0-C | Wacom(ワコム) | ペンタブレット 通販
ワコム ペンタブ One by Wacom Medium Chromebook 対応 ペン入力専用モデル Mサイズ 板タブ CTL-672/K0-Cがペンタブレットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

国産メーカーとして一番有名なWacomさんの板タブです
Amazonのタブレットペン部門でもベストセラー1位になっている有名な製品です。
ファンクションキーなしのシンプルな作りが気に入りましたが、筆圧感知が2048しかなく、同価格帯で8192あるものもあるので候補から外しました。
CLIPSTUDIOが3か月分バンドルされているので、まだペイントソフトをお持ちでない方にはおすすめの商品となっています。

  • GAOMON M10K PRO
GAOMON M10K PRO AndroidおよびRadial機能対応 傾き検知可能ペンタブレット8192筆圧充電不要のペン10ショートカットキー付き-10 x 6インチデジタルお絵描きペンタブ
GAOMON M10K PRO AndroidおよびRadial機能対応 傾き検知可能ペンタブレット8192筆圧充電不要のペン10ショートカットキー付き-10 x 6インチデジタルお絵描きペンタブ

筆圧感知8192でペンが充電不要であることがポイント高いと思いました。
またこの製品の特長としてファンクションキーが10個もついているのと、タッチリングがついているので普段ボタンをよく使う方にはとても便利だと思います。

持ち歩くことはまずないですが、ボタンがたくさんついているからなのか重量が1.3Kgと他の製品よりだいぶ重いのが少し気になりました。

わたしは今回ファンクションキーに重きをおいていないのでこちらの製品は選びませんでした。

  • XPPen Deco M
XPPen ペンタブ Deco M 8x5インチ X3チップ搭載ペン付 傾き検知 ペンタブレット 板タブ 選べる4色 イラスト デザイン テレワーク お絵描ソフト付 Android Windows Mac Chromebookに対応 ブルー
XPPen ペンタブ Deco M 8x5インチ X3チップ搭載ペン付 傾き検知 ペンタブレット 板タブ 選べる4色 イラスト デザイン テレワーク お絵描ソフト付 Android Windows Mac Chromebookに対応 ブルー

今回私が購入した製品になります!

ファンクションキーは8個ついていますが、フラットなデザインで本体と馴染んでいるのが気に入りました。
こちらも筆圧感知8192でペンが充電不要になっています。
PCアクセサリーは黒か白に偏りがちですが、カラー展開3色あるのが珍しく目をひきました。

XPPen Deco Mの購入レビュー

カラーはブルーとグリーンで迷いましたが、写真上ブルーは鮮やかな印象を受けたので、くすみ感のあるグリーンのほうが落ち着きがあって部屋に馴染む気がしたのでグリーンにしました。

ドライバ設定は公式の案内通りで特に迷うこともなくすんなりとセットアップでき、届いてすぐに描き始められたのが好印象でした。

板タブは慣れるまで時間がかかるという話をよく聞きますが、自分の場合は特に感じませんでした。
もしかすると細かい線画を描く方のほうが繊細なタッチが要求されるので、慣れるまで難しく感じるのかもしれません。
わたしは基本厚塗りなので、何度も塗り足していく描き方だと影響を受けにくい気がします。

ただ普段使っているマウスがトラックボールタイプなので手(腕)を動かすことがない状態に慣れていたため、ペンをもって手を上下左右に動かす動作に最初戸惑いました。

実際にしばらく使ってみて気が付いた点としては本体が軽いので使わないときはデスク横に立てかけられるのが思いがけず便利でした。
購入から1ヵ月は経っていると思いますが、その間一度も不具合は起きていないので動作も安定しているといってよいと思います。

おまけ

実は今回板タブと合わせて全く買う予定のなかったものを衝動買いしてしまいました。
XP-PEN デスクマットです。

XP-PEN デスクマット マウスパッド 大型 両面使用 防水 滑り止め シンプル オフィス用 自宅用 ゲーム用 在宅ワーク 自宅勉強 ダークグリーン&タイトグレー 100x50cm
様々な環境に適する➤100*50CMのサイズで、同時にノートパソコン、マウス、キーボード、本と文房具などを十分に収納できます。ゲーム用にパットにも適しています。 オフィスや家庭仕事、学習のためのデスクなど様々。ご家族、ご友人、ご自身へのプレゼントに最適です。

板タブがグリーンなのでそれに合わせてデスクマットもグリーンでそろえたらかわいい気がして…特にリサーチもせずポチってしまいました。

100×50㎝で大型のタイプになっています。
私が使っているデスクも広めのタイプなので作業スペースを覆えるくらい大きいものを探していたのでちょうどよかったと言い訳してみたり…

素材はPVCレザーなのでしっとりとしてマウスの滑りがいいような質感です。
マウスパットのようなスポンジ系は汚れやほこりが目立つので、それに比べてお手入れもしやすそうです。
値段も手ごろなのに縫い目の処理も綺麗で高級感がありました。
またリバーシブル(グリーン×グレー)なので気分で変えることもできます。

ちなみに90x45cmタイプもあって、そちらはネイビー×イエローのようです。

同じメーカーなので板タブとデスクマットの色味がぴったりでとても気に入っています!
作業環境が快適だと作業もはかどるので、制作意欲がとても高まりました。

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

タイトルとURLをコピーしました